メインイメージ画像

アルバイトに応募する際

アルバイトに応募する際、失敗を避けるためのコツをおさらいしましょう。まずはじめに、応募する際にはアルバイト先の作業の邪魔をしないことが肝心です。電話を入れるなら、店舗が忙しくなる時間や夜遅い時間は極力避けるようにして下さい。そして、採用試験は電話をかけた時点で始まると言われる位、一番初めの電話は印象が強く残ります。敬語は丁寧にハキハキと、聞きたい内容を予めメモしておくのが良いでしょう。履歴書は丁寧な字で記載し、未経験者でもコツコツと仕事に取り組む姿勢を積極的にアピールしましょう。

アルバイトの履歴書には何を書いたら良いでしょう。よく悩むのが、志望動機や自己PRの欄ですね。この項目には、変わったことをしようとせず応募する仕事内容に則したスタンダードなことを記すのがおすすめです。サービス業なら人と交流するのが好きとか、マナーを学びたいとかだと違和感がありません。明らかに問題がない限り、シフトに頻繁に入れるなど、アルバイト先との条件が合うことが重視されます。ですので、それほど気負い過ぎず、自分なりの言葉で書くよう気をつけたら良いでしょう。

イメージ画像

アルバイトで友達を作るメリットを紹介します。アルバイトで友達を作る利点は、まずは、アルバイトが楽しめることや、仕事が一層やりやすくなること、勤務時間の調整が楽になるという点があります。しかしながら、仲間割れした場合は不自然な空気になりますので、アルバイト中にお友だち気分で仕事を蔑ろにするようではアルバイトをする資格はありません。なので、仕事中のけじめを大切にして働ける人には友達を作るメリットは大きいといえます。

アルバイトをするときには、人間関係についても考慮しましょう。人間関係が良好な仕事場は、居心地よく働けることだけでなく、仕事が順序良くはかどるものです。人間関係が良くない職場では、適切な情報交換ができずに仕事が曖昧に進められたり、メンバーの組み合わせ次第で作業の質にムラが出てきます。人間関係が円滑な職場でアルバイトをすると、とても仕事がやりやすいことが多く、仕事の面でも恩恵が大きいです。